食材宅配の基礎知識

食材宅配サービスの受け取り方法!時間指定や不在時の宅配ボックスの利用は可能?

投稿日:

食材宅配サービスの受け取り方法をチェック!

食材宅配サービスを利用するに当たり、「どのような方法で受け取れば良いの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

確かに、仕事や子育てで忙しい人は自宅へと届けられた食品を受け取れるのかどうか不安になりますよね。

食材宅配の受け取り方法はサービスによって違いがあるものの、基本的には次の3種類です。

・自社便やヤマト運輸でのお届け
・玄関先など指定された場所に置く
・マンションの場合は宅配ボックスの利用

自宅にいる時はもちろんのこと、不在時でもお届けしてくれるのは非常にありがたいのではないでしょうか。

そこで、以下では食材宅配サービスの受け取り方法に関して詳しく説明していますので、これから利用を考えている方は一度チェックしておいてください。

日時や時間指定をする

「自分が家の中にいる時に直接食材を受け取りたい」と考えている方は、日時や時間指定のできるサービスを利用すべきです。

以前までは自社便を使った配達が多く、自分の希望の時間帯に届けてもらえない食材宅配サービスがほとんどでした。

しかし、現在では会社勤めの方でも安心して利用できるように、事前に時間指定ができるサービスが増えていますよ。

・配達の時間に在宅していればオートロックの物件でも安心
・「12時~14時」「14時~16時」「16時~18時」など好きな時間を指定できる
・平日だけではなく土曜日に届けてくれるサービスもある

このような特徴が食材宅配サービスにはあり、土日も届けてくれるからこそ平日にお仕事で忙しいサラリーマンでも気軽に利用可能です。

配送の日時や時間に関してはサービスで違いがあるため、食材宅配の総合ランキングを見てどれが自分に合っているのか比較してみてください。

不在時に留め置きしてもらう

「食材宅配サービスは手渡しでなければ利用できない」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、ほとんどのサービスでは不在時にも利用可能で、独自のBOXを使って留め置きしてもらうことができます。

配達が来た時に留守だとしても、玄関先に発泡スチロールや保冷バッグに食品を入れて置いてくれるのは便利ですね。

不在時の食材の留め置きはサービスで異なりますので、どんな違いがあるのか見ていきましょう。

コープデリ⇒オリコンや発泡スチロールの中に食品を入れて玄関先に置いてくれる
らでぃっしゅぼーや⇒ドライアイスや強力な保冷剤で梱包してくれる
パルシステム⇒ダンボールの時もあるが、基本的にはオリコンや発泡スチロールを使用する
ヨシケイ⇒高さ60㎝×幅44.5㎝×奥行42㎝の鍵付き安心BOXを無料で貸し出してくれる

本当に自宅へといない時だけではなく、「赤ちゃんを寝かしつけているから手が離せない」「配達員さんと会いたくない」といった時に居留守を使っても大丈夫です。

留め置きの場合はドライアイスや保冷剤を入れてくれますので、夏場に温度が急上昇して鮮度が落ちるような心配はありません。

それでも、オートロックのない一軒家やアパートの場合は少なからず盗難のリスクがあるため、不安な方は日時を指定して直接受け取るのが無難ですよ。

オートロックのマンションは宅配ボックスへと配達してもらう

利用者と管理会社への確認が必要となるものの、食材宅配サービスはオートロックのマンションへとお住まいの方のために宅配ボックスへと配達してくれます。

・お住まいのマンションに利用者がいない
・マンションに管理人がいない

こんな時に役立つ受け取り方法で、自宅へと帰ってきてから宅配ボックスの中身を確認すれば注文した食材が入っているという仕組みですね。

ただし、冷蔵や冷凍の食品はドライアイスや保冷剤を使うため、「箱が大きくて宅配ボックスの中に入れることができない」といったケースがありますので注意しなければなりません。

マンションの宅配ボックスが満タンの時も利用できないので、食材宅配サービスの配達担当の方と相談してどう受け取れば良いのか考えてみましょう。

-食材宅配の基礎知識

Copyright© SHOKUTAKU , 2018 All Rights Reserved.